ご 案 内

 

  • 当医院では、一般の方々向けに健康歯考講座を定期的に開催しております。
    本講座は、健康な歯を維持し、虫歯や歯周病を予防し、お口のQOLを向上するために役立つ知識、考え方、そしてさまざまな治療法に関する正しい知識等を公開している講座です。
    講座の日程、お申込みなどの詳細はこちらをご覧ください。
  • 当院ではご覧頂いている「健康歯考ブログ」の他に、公式ホームページにてインプラント治療に関する「インプラントブログ」、歯科全般に関する「予防治療ブログ」、「PMTC専門サイト」を開設しております。
    よろしかったら、そちらもご覧になってください。

歯科衛生士のインプラント歳時記 〜インプラント治療の流れC「病気があってもインプラント手術は出来るのでしょうか?」〜

インプラント41jpeg今回は既往歴についてお話します。
既往歴とは過去にかかっている疾患の経過のことをいいます。分かりやすく言うと、現在かかっている病気と過去にかかったことのある病気の症状や経過、治療内容、服用している薬などのことをいいます。私たちは、初診でお見えになった患者さんに、必ずこの既往歴についてお伺いします。ではなぜ、そのようなことを患者さんにお聞きしなければならないのでしょうか?

実は虫歯の治療のような一般的な歯科治療自体が、直接お身体に負担をかけることは少ないのです。しかし、治療に対する恐怖感や緊張によるストレス、そして治療の際に用いられる薬剤やインプラント手術のような外科処置は、高血圧や糖尿病、心疾患などをお持ちの場合、重大な影響を及ぼす可能性があるのです。私たち医療従事者は、治療を安全に行わなければなりません。ですから、皆さんのお身体について現在の状態だけではなく、過去からの既往歴を把握することで、リスクを少なくすることが可能となるのです。また服用しているお薬があればその情報からリスクを少なくする事も可能です。

例えば麻酔ですが、麻酔薬の中には血管収縮薬が入っているので高血圧の方は局所麻酔の注射を受けるだけで血管が収縮され、さらに血圧が高くなる可能性があります。そのため、高血圧の方には血管収縮薬の入っていない麻酔薬や血管収縮薬を倍量に薄めた麻酔薬を使用し、モニターをつけて血圧を測定し、血圧の急激な変動がないかを確認しながら治療をする等の注意が必要です。
麻酔薬にアレルギーがある方は、再び同じ麻酔薬を使用することで、アレルギー症状が重篤にでる場合があるため、事前にお話いただくことが大切です。
院長のブログの中でコントロールされていない糖尿病の場合、感染を起こしやすくなるというお話もありましたね。

このように、みなさんが歯科治療とは関係ないだろうと思われることが、治療に大きく影響することがあります。そのために、私たちは皆さんに既往歴をお伺いしているのです。