ご 案 内

 

  • 当医院では、一般の方々向けに健康歯考講座を定期的に開催しております。
    本講座は、健康な歯を維持し、虫歯や歯周病を予防し、お口のQOLを向上するために役立つ知識、考え方、そしてさまざまな治療法に関する正しい知識等を公開している講座です。
    講座の日程、お申込みなどの詳細はこちらをご覧ください。
  • 当院ではご覧頂いている「健康歯考ブログ」の他に、公式ホームページにてインプラント治療に関する「インプラントブログ」、歯科全般に関する「予防治療ブログ」、「PMTC専門サイト」を開設しております。
    よろしかったら、そちらもご覧になってください。

歯科衛生士のインプラント歳時記 〜インプラント治療の流れN インプラント手術の方法「インプラント体を顎の骨に埋める」

 前回はドリリングについてお話しましたが、いかがでしたでしょうか。今回はインプラント手術において次の段階であるインプラント体の埋入についてお話をさせていただきます。
 まず、“埋入”とは埋め込むことをいいます。インプラントを埋入するというのは、インプラント体を顎の骨の中に埋め込むということです。ドリリングで穴を開けたところにインプラント体を埋入します。
 埋入する際、インプラント体は直接その穴の中に入っていかなければなりません。穴の中に入る前に、唇や舌や歯肉などに触れてしまってはいけません。なぜなら、インプラント手術とは、皆さんのお体の中にインプラント体を入れるのですから、移植手術のひとつといえるからです。移植するインプラント体に細菌などの余計なものが付着している状態では、体が異物とみなし、うまく骨とくっつかなくなってしまいます。そのため、埋入するときには他のどこにも触れることなくドリリングで開けた穴の中に入らなければならないのです。
 言葉で言うと簡単なことのように思いますが、手術中、院長をはじめスタッフみんなが一番緊張し、一番慎重になるところです。