ご 案 内

 

  • 当医院では、一般の方々向けに健康歯考講座を定期的に開催しております。
    本講座は、健康な歯を維持し、虫歯や歯周病を予防し、お口のQOLを向上するために役立つ知識、考え方、そしてさまざまな治療法に関する正しい知識等を公開している講座です。
    講座の日程、お申込みなどの詳細はこちらをご覧ください。
  • 当院ではご覧頂いている「健康歯考ブログ」の他に、公式ホームページにてインプラント治療に関する「インプラントブログ」、歯科全般に関する「予防治療ブログ」、「PMTC専門サイト」を開設しております。
    よろしかったら、そちらもご覧になってください。

患者様からの質問にお答えします〜歯と歯の間にものがつまる〜

今回のテーマは「フードインパクション(食片圧入)」についてです。聞き慣れない言葉ですが、「フードインパクション(食片圧入)」とは、歯と歯の間に食べ物が詰まることをいいます。

 

では、「なぜ歯と歯の間に食べ物が詰まるのでしょうか?」

 

歯と歯の間に食べ物が詰まる原因として考えられるのは、

1、上下の歯の咬み合わせ

2、歯周病による歯の揺れや、歯肉が下がって隙間ができる

3、歯と歯の間の虫歯

4、過去に治療した詰め物、被せ物に問題がある

5、歯並びが悪い

などがあげられます。

 

次に、「食べ物が詰まりやすいとどうなるのでしょうか?」

 

歯と歯の間に食べ物が詰まってその状態を放置すると、そこにプラークが溜まりそのプラークが原因で、治しにくい根の虫歯や歯周病になることがあります。

 

最後に、「どのような治療が必要なのでしょうか?」

 

まず、どうして歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなったのか、原因を歯科医院で診断してもらいましょう。原因によって治療法は異なりますが、咬み合わせの調整や歯周病、虫歯の治療、詰め物、被せ物のやり直しなどを行う必要があります。

食べ物がつまっただけで大したことないだろうと思われる方がよくいらっしゃるのですが、虫歯や歯周病が重度に進行してしまうことがありますので、歯科医院を受診されることをお勧めします。