ご 案 内

 

  • 当医院では、一般の方々向けに健康歯考講座を定期的に開催しております。
    本講座は、健康な歯を維持し、虫歯や歯周病を予防し、お口のQOLを向上するために役立つ知識、考え方、そしてさまざまな治療法に関する正しい知識等を公開している講座です。
    講座の日程、お申込みなどの詳細はこちらをご覧ください。
  • 当院ではご覧頂いている「健康歯考ブログ」の他に、公式ホームページにてインプラント治療に関する「インプラントブログ」、歯科全般に関する「予防治療ブログ」、「PMTC専門サイト」を開設しております。
    よろしかったら、そちらもご覧になってください。

むし歯の歴史的背景C まとめ

お知らせがあります。4月中旬を目途に当院のHP、ブログをリニューアルしていきます。昨年から、準備を始めており、もう直ぐ完成になりますので、その際は、どうぞよろしくお願いします。 

 

さて前回は、野生動物に虫歯は基本的にないと言われているというお話をさせていただきました。野生動物は、食事(餌)を生のまま加工することなく食べている為、その多くは、咬み応えがあり、なおかつ繊維性の成分を多く含みます。そのため良く噛まねばならず、それが結果として、歯磨き効果を生んでいるのです。つまり、天然のものを、生でよく噛んで食べることで食べながら歯磨きもしている状態になっており、虫歯だけではなく、歯周病もなかったのですね。

 

それでは、今日は、虫歯の歴史的背景をまとめてみましょう。むし歯は、人間の食習慣の変化によって、世界中に蔓延してしまったことがご理解いただけたのではないでしょうか?その予防の為に、いまさら、古代の食事に戻すことは、不可能ですね。それから砂糖のない生活をする事も同じです

 

ではどうするのか?一番ベーシックで確実な方法が、ブラッシングをちゃんとすることです。おそらく、皆さんの多くは、もっと簡便な方法はないかと思われるのでしょうが、やはり基本はブラッシングです。

昔から比べ、これだけいろんな美味しいものを食べることができる社会で生活しているのですから、ブラッシングの努力ぐらいは惜しまずにしましょう。ただ、ここで100点のブラッシングをいきなり頑張る必要はありません。竜頭蛇尾にならずに、継続できるように少しずつ上手になっていきましょう。出来ないところは、皆さんそれぞれの状態に合わせて、PMTCを受けられることをお勧めします。

 

 PMTCに関して、詳しくはこちらをご覧下さい→ここをクリック