ご 案 内

 

  • 当医院では、一般の方々向けに健康歯考講座を定期的に開催しております。
    本講座は、健康な歯を維持し、虫歯や歯周病を予防し、お口のQOLを向上するために役立つ知識、考え方、そしてさまざまな治療法に関する正しい知識等を公開している講座です。
    講座の日程、お申込みなどの詳細はこちらをご覧ください。
  • 当院ではご覧頂いている「健康歯考ブログ」の他に、公式ホームページにてインプラント治療に関する「インプラントブログ」、歯科全般に関する「予防治療ブログ」、「PMTC専門サイト」を開設しております。
    よろしかったら、そちらもご覧になってください。

2009年5月13日付けの朝日新聞、「インプラント治療 注意点は」I

2009513日付けの朝日新聞、「インプラント治療 注意点は」という記事に対するコメントです。

医師選び 経験も目安

歯科医の技量には差がある。春日井教授によれば、外来患者の数人に1人は他の歯科医院での失敗のフォローを求めてやってくるという。

この表現だとあまりにも多くの失敗があるように感じられますが、1.春日井先生のいらっしゃるような大学病院は、問題を抱えた患者さんが紹介を受け、受信することが多いということ2.外来患者さんを実際に一日に何人診られているのか、数人に一人とはいったい何人に一人なのか?その辺が大切ではないでしょうか。マスコミの表現は、良くも悪くも上手ですよね。

医師選びの参考基準として、下尾さんは「歯科医が自分の手に負えない時に頼る医師」「学術発表など研究活動をしている医師」という条件を挙げているが、一般の人が情報を得るのは難しい。学会が認めた専門医や認定医も実技試験はないことが多く、絶対的な基準ではないという。

歯科医師の技量に関しては、これといって推し量る方法はないといえます。確かに、「歯科医が自分の手に負えない時に頼る医師」「学術発表など研究活動をしている医師」というのは一つの目安になりうるかも知れませんが、まずその情報を一般の人は得にくく、また、学会等での発表をしているからと言って、イコール技術が優れているとは言えない場合があります。

インターネットにはインプラントに関する宣伝があふれているが、3人は「うのみにするべきではない」と口をそろえる。

インターネットで得られる多くのインプラントに関する情報は、ウソではないかもしれないけれど真実を全て伝えきれていないと思います。このブログもそうならないように努力します。

当院では、このブログの他に、予防に関するブログインプラント治療に関するブログ、そして当院とはどんなところなのか(就職、採用)に関するブログがあります。


よろしければそちらもご覧になってみて下さい。

また、当院のHPもよろしくお願いします。