ご 案 内

 

  • 当医院では、一般の方々向けに健康歯考講座を定期的に開催しております。
    本講座は、健康な歯を維持し、虫歯や歯周病を予防し、お口のQOLを向上するために役立つ知識、考え方、そしてさまざまな治療法に関する正しい知識等を公開している講座です。
    講座の日程、お申込みなどの詳細はこちらをご覧ください。
  • 当院ではご覧頂いている「健康歯考ブログ」の他に、公式ホームページにてインプラント治療に関する「インプラントブログ」、歯科全般に関する「予防治療ブログ」、「PMTC専門サイト」を開設しております。
    よろしかったら、そちらもご覧になってください。

ポリデントのCM 3 (義歯洗浄剤は効果があるのか?2)

前回のブログから

 

『義歯洗浄剤は効果があるのか?』ということについてお話ししています。

 

日本歯科医学会、日本歯科医師会の協力のもと、日本補綴学会(入れ歯等の義歯に関する学会だと思って下さい)が義歯管理に関する臨床的エビデンス(科学的根拠に基づいたガイドラインの様なもの)の中に、

 

義歯洗浄剤の使用はバイオフィルムの除去に有効か?

 

というものがあり、

 

それによると、

義歯洗浄剤には、多くの種類があり、その違いは単にメーカーの違いというだけにとどまらず、主成分も様々なものがあるということでしたね。

そして、商品名「ポリデント」にも種類がいくつかありますが、そのほとんどは酵素入り過酸化物が主成分になっています。

その詳細は前回のブログをご覧になってみて下さいね。

 

今回はそれぞれの主成分の得手不得手についてです。

 

殺菌作用についていえば、

非常に強いのは次亜塩素酸、銀系無機抗菌剤、そして消毒薬となり、

酵素や生薬はそれに比べて弱いそうです。

 

バイオフィルム除去能力についてを比較すると、

銀系無機抗菌剤、酸、消毒薬が非常に強く、

過酸化物、酵素入り過酸化物も比較的強いが、

酵素や生薬は弱いようです。

 

しかし、殺菌作用やバイオフィルム除去能力に優れる

次亜塩素酸系、酸、過酸化物は、

義歯の材料に対する影響も強いのです。

一方で、

酵素系や生薬は義歯の材料に対する影響も弱いのです。

 

 

 以上のことを考慮に入れた場合、

殆どのポリデントの主成分である酵素入り過酸化物は、

その特徴として、

殺菌作用も比較的強く、

バイオフィルム除去能力も高く、

材料に対する影響が比較的弱い物

だといえるのですね。

そして、それ以外にも消臭効果がかなり高い洗浄剤といえるのです。

 

簡単にいうと、

主成分が酵素入り過酸化物であるポリデントは、

殺菌、洗浄力に優れ、義歯に対する影響も少なく、

消臭効果に優れた義歯洗浄剤なんです。

 

次回は、義歯の正しい洗浄の仕方についてお話ししますね。