お 知 ら 

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言発令中の診療体制について

当院では新型コロナウイルスによる緊急事態宣言発令期間においても、

感染予防対策に万全の配慮を施し、

出来うる限り通常の態勢で診療にあたらせていただきます。

しかし、状況の変化によっては急な診療時間の変更・休診等の可能性も予想されます。

誠に恐縮ですが、ご来院前に本ホームページをご確認いただくか、

直接お電話でお問い合わせいただくようお願いいたします。

ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんが、

皆様のご理解とご協力を宜しくお願い申し上げます。

 

医療法人社団成扶会 馬見塚デンタルクリニック

院長 馬見塚賢一郎

 

 


ご 案 内

  • 当医院では、一般の方々向けに健康歯考講座を定期的に開催しております。
    本講座は、健康な歯を維持し、虫歯や歯周病を予防し、お口のQOLを向上するために役立つ知識、考え方、そしてさまざまな治療法に関する正しい知識等を公開している講座です。
    講座の日程、お申込みなどの詳細はこちらをご覧ください。
  • 当院ではご覧頂いている「健康歯考ブログ」の他に、公式ホームページにてインプラント治療に関する「インプラントブログ」、歯科全般に関する「予防治療ブログ」、「PMTC専門サイト」を開設しております。
    よろしかったら、そちらもご覧になってください。

健康歯考 お口の大切さ よく噛むことの大切さ

以前、歯を含めて口の健康の大切さが注目されているということをお伝えしました。

 

今日は、噛むことの大切さについてです。

 

食事をする時によく噛むことは大切だと言われていますが、最近の食事、特に美味しいとされる食べものはとても柔らかくほとんど噛まずに飲み込めてしまうものが多いですね。

 

よく噛むことで食べ物は細かく粉砕され消化管(胃腸)の負担を減らすことができすのです。

そして、よく噛むほど唾液が多くなります。唾液は消化液の一つであり、唾液に含まれる消化酵素の一つアミラーゼはデンプンを分解することができるのです。

 

以前に読んだ新聞の記事に、日本人特に若い人のお米離れが多くなっていると書いておありました。

その記事の中で、若い人にとってお米は味がしない食べ物だと思われているとありました。

お米はよく噛むとお米に含まれるデンプンがアミラーゼによって分解され甘くなるんです。

 

おそらく、多くの人たちがそこまでよく噛むことをせずに飲み込んでしまっているのでしょう。

 

よく噛むことで唾液が多く分泌されるとその中に含まれる免疫グロブリンが多くなるわけです。

最近、注目されている消化管の免疫機能は全身の免疫の70%を担っているとも言われており、

よく噛むことは免疫力を高める可能性があります。

 

そして、唾液にはリゾチームは酵素の一つで、細菌を覆っている細胞壁を壊すことによって細菌感染から体を守っていると言われ、動物が怪我したところをペロペロとなめているのはリゾチームの働きで消毒していると言われています。


逆に、様々なストレスや口呼吸、あるいは唾液量が減る副作用のある薬の服用や唾液が減ってしまう病気の影響で唾液が減ると、

話しにくくなるだけでなく、

飲み込みがしにくくなる、

味を感じなくなってしまう、

虫歯や歯周病になりやすくなったり、

口内炎等の粘膜の病気になりやすくなります。

 

また、よく噛むことで脳への刺激が増え、脳血流量が増えることで記憶力や学習力の低下を防ぐだけではなく

運動機能や全身機能を保つことにもつながると言われています。

 

よく噛むこと、大切ですね。