ご 案 内

 

  • 当医院では、一般の方々向けに健康歯考講座を定期的に開催しております。
    本講座は、健康な歯を維持し、虫歯や歯周病を予防し、お口のQOLを向上するために役立つ知識、考え方、そしてさまざまな治療法に関する正しい知識等を公開している講座です。
    講座の日程、お申込みなどの詳細はこちらをご覧ください。
  • 当院ではご覧頂いている「健康歯考ブログ」の他に、公式ホームページにてインプラント治療に関する「インプラントブログ」、歯科全般に関する「予防治療ブログ」、「PMTC専門サイト」を開設しております。
    よろしかったら、そちらもご覧になってください。

キシリトールの摂り方

こんにちは、最近よく登場しているムシバラス君、昔はテレビコマーシャルによく出ていましたよね。私には懐かしいキャラクターです。こんな事を言うと、私の歳がばれてしまいますね。
キシリトールA..jpg
さて、今回はキシリトールの摂り方についてお話します。キシリトールの入った製品は色々なものがありますが、唾液をたくさん出すということではガムが良いと思います。(何故、唾液をたくさん出すのか?は前回のブログをご覧下さい)まだ、ガムが噛めない小さなお子様にはタブレットが良いでしょう。義歯(入れ歯)を使用している方はガムを敬遠しがちですが、当院でも扱っているキシリトール100%ガム(商品名 ロッテキシリトールガム歯科専用)は義歯につきにくいようです。

では、実際にどのようにしたら効果的なのでしょうか?基本的には次のような方法が推奨されています。
@一日を通して少量を回数多く摂取する。
A一日最低3回使用する。5回がより好ましい。
B毎日摂取する。
C砂糖やデンプンを含んだ食事や間食の直後に使う。また食前に使うこともできる。
D甘味料として100%キシリトールのものか、50%以上がキシリトールのものを使う。
以上の事を目安にして頂ければ良いのですが、キシリトールがどれくらい含まれているか?はどうやって判断するのかが分からないかもしれません。これは製品の表示もしくは成分表を見て判断してください。
キシリトール@..jpg

最後に一つ、まれにキシリトールによって下痢を起こしやすくなる事があります。下痢が続くようなら一時摂取するのをやめて下さい。

キシリトールによる虫歯予防は手軽に行う事が出来ます。いつでも手の届くところに置いて習慣にしてみてはいかがですか。