ご 案 内

 

  • 当医院では、一般の方々向けに健康歯考講座を定期的に開催しております。
    本講座は、健康な歯を維持し、虫歯や歯周病を予防し、お口のQOLを向上するために役立つ知識、考え方、そしてさまざまな治療法に関する正しい知識等を公開している講座です。
    講座の日程、お申込みなどの詳細はこちらをご覧ください。
  • 当院ではご覧頂いている「健康歯考ブログ」の他に、公式ホームページにてインプラント治療に関する「インプラントブログ」、歯科全般に関する「予防治療ブログ」、「PMTC専門サイト」を開設しております。
    よろしかったら、そちらもご覧になってください。

歯科衛生士のインプラント歳時記 〜インプラント治療の流れJ「インプラント手術前の準備」〜

インプラント49.jpg今まで10回に渡り、手術前の流れをお話してきました。今回は今までの話を簡単にまとめさせて頂きます。

 

まず本題に入る前に、以前テレビで名古屋にある行列のできるラーメン屋さんの特集をやっていたのを見ました。そのラーメン屋さんのこだわりは、熟成庫で3日間ねかした自家製の麺、12時間じっくりと煮込んだスープ、長年かけてできあがった秘伝のたれ、1週間たれに漬け込んだジューシーなチャーシュー。この4つがこだわりと店長さんはおっしゃっていました。お客さんがおいしく食べるために、これだけの下準備があってこそ、おいしいラーメンが完成し、また行列ができるほどの人気がでてくるのでしょう。

 

さて本題に入ります!!インプラント治療も準備があってこそ、きちんとした結果がでます。

インプラント治療の準備は、患者さんの現状を把握する為、できる限りのデータを集めます。問診をとったり(身体の状態)、歯型取りやデジカメでお口の中を撮影(口腔内の状態)したり、パノラマ・デンタル・CTなどのレントゲン撮影(骨の状態)を行い、患者さんのデータを集めます。これらの資料があって初めて、インプラントの埋入位置や被せ物の完成予想が立てられるのです。

そして、事前に手術に携わるメンバー全員でミーティングを行います。そこでは、患者さんの情報を全員が把握し手術に備える為に、患者さんの身体や精神状態や、口腔内の情報を共有しています。

また、手術の前日に顎の模型でインプラント埋入手術のシュミレーションを行い、手術当日に備えます。最後に忘れてはならないのは、感染予防です。当院のブログで何度もでてきているクラスBの滅菌器で手術に使用する器具を滅菌します。

また手術室の隅から隅までの消毒を行い感染予防を行っています。 インプラント治療を安全に行うためには、予め起こりうることを予測し、それに備えることです。そのためには、これらの準備が必要不可欠だと考えています。

 

次回からは、手術当日の流れを数回に分けて話させて頂く予定です。

また来週は院長とインプラント班は海外研修に参加してきます。今回はデンマークとスウェーデンでの感染管理についての研修に参加してきます。現地病院で実際に行われている感染管理を見られるとあって、とても楽しみにしています。